/

この記事は会員限定です

オピオイドとは ケシ由来の鎮痛剤、米で乱用が問題に

日本では厳しく制限

[有料会員限定]

▼オピオイド ケシから抽出した成分やその化合物からつくられ、医師の処方が必要な医療用鎮痛剤(医療用麻薬)として用いられるものが多い。世界的にがんなどの激しい痛みを和らげるために使われるが、米国では乱用が問題に。経済学者アンガス・ディートン氏は6月、米議会で「米国は世界の人口の5%なのに、世界のオピオイドの80%を消費している」と証言した。

米国では1990年代に常用性が低いとする新薬が相次いで登場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン