/

この記事は会員限定です

福島第1の核燃料一掃へ「筋肉ロボ」特訓 日立GE

[有料会員限定]

東京電力・福島第1原子力発電所の廃炉作業で最大の難関が「燃料デブリ」の取り出しだ。この切り札の開発が広島市で進んでいる。日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市)が投入する「筋肉ロボット」。水圧で動くバネを人の筋肉になぞらえている。2021年の作業開始に照準を合わせ、ピッチをあげる開発現場を追った。

「ガシャンガシャン」と音をたて、筋肉ロボットのアームが燃料デブリに見立てたコンクリートの塊をぎ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン