人口減、「行政」の代替模索 議会廃止検討の村も

2017/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ようやったな」。島根県隠岐諸島、知夫村の向浜樽幸議長は高知県大川村の動向を固唾をのんで見守っている。和田知士村長が6月議会で、村議会の廃止の検討を表明したからだ。地方自治は首長、議会とも選挙で選ぶのが原則。しかし、地方自治法は例外的に、議会を置かず、住民が直接、議案を採決する「総会」の設置を認めている。

■なり手が不足

大川村の人口は約400人。村議会の定数は6人で平均年齢は約71歳。人口減で議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]