2019年8月18日(日)

東芝決算、揺れた半年 監査法人に板挟み
WH損失認識時期、見解割れたまま

2017/8/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝が10日提出した2017年3月期の有価証券報告書に一部を除き正しいことを示す「限定付き適正」の監査意見がついた。上場廃止懸念はひとまず後退し、綱川智社長は記者会見で「決算が正常化する」と語った。PwCあらた監査法人が東芝の決算に「待った」をかけて約半年。問題が長引いたのは、新旧監査法人に挟まれ身動きが取れなくなったためだ。

疑 念

発端は1月中旬。「一部経営陣の不正があるかもしれない」。あら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。