アベノミクス 進化するか 上級論説委員 大林尚
足りないのは科学の手法

2017/8/14 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京の残暑は厳しい。盛夏に公表されるのが常だった経済白書は、かつては夏の季語として歳時記にも載った。

敗戦から10年あまり。1956年(昭和31年)の白書の結語に、官庁エコノミスト後藤誉之助は「もはや『戦後』ではない」と、したためた。自信を取り戻した日本を象徴する成句として名高いが、後藤はその実、後に続く一節に自らの意を込めた。

「我々はいまや異なった事態に当面しようとしている。回復を通じての成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]