/

この記事は会員限定です

ビール系販売、7月も苦戦 猛暑効果は限定的

安売り規制、影響大きく

[有料会員限定]

ビール販売が依然、苦戦している。アサヒビールが7日に発表した7月のビール系飲料の販売数量は前年並みだった。サッポロビールの7月実績も前年同月比で2%減った。酒類の安売り規制強化で10%以上減ったメーカーもあった6月と比べ減少幅は縮まった。ただ全国的な猛暑で販売が底上げされたとの指摘もあり、夏場を過ぎると販売が落ち込む懸念は残る。

アサヒビールでは、主力のビール「スーパードライ」が微増を確保し、第三...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン