若返るサウジはどこへ 本社コラムニスト 脇祐三
ナショナリズムにも変化

2017/7/31 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サウジアラビアでサルマン国王(81)の子息、ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)が皇太子に昇格し、指導層の世代交代が進む。新皇太子への権力集中で石油の王国はどう変わるのか。アラブ民族主義や資源ナショナリズムの時代の後に生まれた世代の台頭は、中東をめぐる国際関係の変化にもつながる。サウジの行方は、中東の地政学の新たな焦点になっている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]