/

この記事は会員限定です

AIで投資商品提案、中国銀など6行実験

営業効率化に活用

[有料会員限定]

千葉銀行中国銀行など金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックで連携する地方銀行6行は28日、人工知能(AI)を活用し、顧客の需要に合った投資商品を提案する実証実験を始めたと発表した。資産運用にまつわる銀行員と顧客の面談記録をAIが解析し、効率的な営業に生かす。

6行と日本IBMが出資するT&Iイノベーションセンター(東京・中央)と共同で開発する。システム開発などを手掛けるFRONTEOの言語解析AI「KIBIT」を使用。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン