/

この記事は会員限定です

サービス事業者 登録制、一定の財務条件要求

フィンテック時代の金融法制(3)

[有料会員限定]

今年5月に成立した改正銀行法で、利用者の口座情報を取得する家計簿アプリといったフィンテック事業者について登録制の導入が決まった。来春にも施行される見通し。金融機関に対しても「オープンAPI」と呼ばれる、外部事業者がシステムに接続できるようにする努力義務が課される。法改正でフィンテック事業者の法的な位置づけが明確になり、サービス展開に弾みがつきそうだ。

アプリなどのサービス内で口座情報を取得したり決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン