トップ > 特集 > 小池都政 > トピックス > 記事

正副議長選出、最初の焦点に 新都議の任期スタート

2017/7/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

7月の東京都議選で当選した新都議たちの任期が23日、スタートした。2021年7月の任期切れまで、13兆円規模の予算の審議に加え、20年東京五輪・パラリンピックに向けた準備などの重要な役割が待ち受ける。初仕事は8月上旬に開かれる臨時議会で、正副議長の選出が焦点となる。

これまで議長は第1党、副議長は第2党から選ぶのが慣例だった。「財政委員会」や「文教委員会」など9つの常任委員会のメンバーも各会派の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]