/

この記事は会員限定です

攻殻機動隊、気づけば現実 世界観が研究者触発

[有料会員限定]

SF漫画「攻殻機動隊」は、アニメや実写で映像化され、クールジャパンの代名詞として海外でも人気が高い。近未来を舞台に全身を機械化した女性捜査官がサイバー犯罪に立ち向かう――。その独特の世界観は研究者や企業を魅了し、作中の技術は研究開発の指標にもなっている。空想と現実が交錯する、作品世界の広がりを追った。

米ハリウッドが攻殻機動隊を実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が今春、全世界で公開され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン