/

この記事は会員限定です

コーセー、営業益トップの立役者「タルト」とは

[有料会員限定]

成熟する化粧品業界で長く3位の座にあったコーセーが躍進している。売り上げは3年で4割伸び、直近の営業利益は業界首位の資生堂を上回った。最大の原動力は2014年に買収した米ブランド「タルト」だ。日本での知名度は低いが、SNSに特化した販促などが海外で支持を集める。小さな企業でも消費者と容易に出会えるネット全盛時代。いまのブランド力を評価するだけではない新たなM&A(合併・買収)の形を示している。

フォロアー680万人

「アメージング!」「これを使えばマーメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン