Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

節電電力売買「ネガワット取引」、既存事業の武器に
日経エコロジー編集部 相馬隆宏

2017/7/24 6:30
共有
保存
印刷
その他

 7月中旬に入ってから、全国の気温観測地点の半数以上で最高気温がセ氏30度以上となる真夏日が続いている。暑さがさらに厳しくなれば、冷房の使用などにより電力需給が逼迫する恐れがある。

大阪ガスはネガワット取引にコージェネレーションシステムを活用する
画像の拡大

大阪ガスはネガワット取引にコージェネレーションシステムを活用する

 需給緩和策として注目されるのが、今年4月から導入された「ネガワット取引」だ。

 ネガワット取引は、節電した電力(ネガワット)を売買するというもの。需給逼迫時などに節電に協力してくれた企業や家庭に、電力会社が報酬を支払う仕組みだ。安倍晋三首相が1年半ほど前、「ネガワット取引市場を2017年までに創設する」と発言し、その動向が注目されていた。

 今年度から送配電事業者(電力会社の送配電部門)が、電力の需給バランスや周波数を調整する「調整力」の一部としてネガワットの調達を始めた。東京電力パワーグリッド、中部電力関西電力九州電力の4社合計で原子力発電所1基分に相当する95.8万キロワットのネガワットを確保した。

 実際に節電を要請するのは需給が逼迫した時だが、まずは節電できる能力を持つ企業に対してお金が支払われた。総額は35億9300万円に上る。政府は、30年に米国と同水準とされる最大電力需要の6%をネガワットで賄う目標を掲げている。

 ネガワット取引をビジネスチャンスと見て、様々な業界から多くの企業が参入し始めた。

 大阪ガスは、関西電力にネガワットを供給する契約を結んだ。複数の電力需要家を束ねて取引を仲介するアグリゲーターとして事業を展開する。

 実際にネガワットを生み出すのは、同社がコージェネレーション(熱電併給)システムやガス空調を販売した顧客企業だ。電力会社から需要抑制指令を受けると、通常は運転していないコージェネレーションシステムを動かして発電したり、電気とガスの空調を併用しているところはガス空調だけを動かしたりする。

 大阪ガスはこれまで、158万キロワット分のコージェネレーションシステムを販売している。ネガワット取引で稼ぐという新たな付加価値を武器に、機器の拡販を狙う。

 家庭を束ねてネガワットを生み出そうとしているのが、京セラだ。蓄電池の販売を拡大するとともに、太陽電池事業をてこ入れする。

 太陽電池は12年に始まった固定価格買い取り制度(FIT)によって導入が急速に進んだが、買い取り価格の低下に伴って失速した。今後、FITの買い取り価格が下がり、電力会社から買う電力の価格を下回れば、太陽光で発電した電力を売らずに自家消費する家庭が増えると予想される。

 京セラは、任意の時間に電力をためたり使ったりできる蓄電池を売り込むチャンスと見る。太陽光が発電する日中の時間帯は仕事で家を留守にしがちな家庭でも、蓄電池にためておいて夜間などに使うことができる。

 さらに、ネガワット取引で収入を得るという新たな使い方を提案することで、機器を買ってもらいやすくなる。

 需要家にとって、節電や蓄電池の活用などによって電力会社から購入する電力を減らせば電気代を削減でき、ネガワットを売ることで収入も得られる。2重のメリットがあるネガワット取引をビジネスに賢く活用すれば、既存事業の強化や顧客の囲い込みにもつながりそうだ。

[日経産業新聞2017年7月20日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Eの新話(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原子力機構のHTTRは福島原発事故後、研究が中断している(同機構提供)

日本原子力研究開発機構提供

次世代原発「高温ガス炉」開発再始動へ 東欧と協力

 いまの原子力発電の主流である軽水炉より安全性が高いとされる次世代原子炉「高温ガス炉」の開発が再始動する。政府がインフラ輸出をにらみ、ポーランドとの共同研究が動き出すからだ。東京電力福島第1原発事故後…続き (10/16)

省エネモーター向けレアアース 国際リサイクルに商機

 省エネは二酸化炭素(CO2)削減の一丁目一番地だ。大量にエネルギーを消費する電力や鉄、セメント、化学などの装置産業、さらには家電やオフィスのCO2削減市場の拡大に目がいくが、それを支える部品や素材に…続き (10/9)

東京電力富津火力発電所に接岸するLNG船(千葉県富津市)

世界で普及進む天然ガス車 日本も政策で後押しを

 フランス、イギリス政府が7月、2040年までに国内のガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。9月には中国工業情報省次官が「化石燃料車の生産・販売の禁止時期に関連する調査を始めた」と語…続き (10/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月21日(土)

  • プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供
  • ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
  • 米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト