/

投資マンション、11年ぶり高値

全国4~6月、海外勢に需要

ワンルームマンションをはじめ投資用不動産の価格上昇が続いている。関連情報サイト大手が11日発表したマンション1室の価格は4~6月の全国平均で1550万円。1~3月に比べて3.8%高く、2006年1~3月以来、約11年ぶりの高値となった。個人や海外投資家の根強い需要が背景にある。

関連サイト大手の健美家(東京・港)が自社登録物件の情報をまとめた。マンション1室(区分所有)の価格は3年前に比べて2割以上高い。年間賃料を価格で割った投資利回りは7.06%と、05年の調査開始以降で最低となった。アパート1棟の価格は6505万円と06年1~3月以来の高水準だ。

すでに高値にある大都市も上昇が止まらない。情報サイト運営のファーストロジックによると、東京都はマンション1室の平均価格が4~6月は1963万円と1~3月に比べ2.5%上昇。大阪府も1.1%上がった。利回りも低水準だ。

値上がりを支えるのは中国人投資家の購入だ。中古ワンルームマンション買い取り・販売のランドネット(東京・豊島)によると「中国の顧客を抱えた仲介業者への販売がこの半年で増えた」(栄章博社長)。中国は不動産価格の高騰が続いているため、日本の物件は割安に映るようだ。

個人の需要も根強い。中古ワンルームマンション販売の和不動産(東京・千代田)の仲宗根和徳社長は「老後に備え30~40代が購入するほか、相続をにらんで投資する50代以上も多い」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン