新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ジョブズ氏、ザッカーバーグ氏…卒業スピーチに学ぶ
校條 浩(米ネットサービス・ベンチャーズ マネージングパートナー)

2017/7/14 6:30
共有
保存
印刷
その他

 米国の大学の卒業式では、ベンチャー企業の創業者が招待される。マイクロソフトを創業したビル・ゲイツ氏は自身が中退したハーバード大学で招待講演をしている。大学を辞めてアップルを創業した故スティーブ・ジョブズ氏は、出身校ではないが、スタンフォード大学の卒業式でスピーチしている。

めんじょう・ひろし 小西六写真工業で新事業開発に従事。BCGを経て1991年にシリコンバレーに移住。新事業コンサルティングを経て、ベンチャーキャピタル及びファンド・オブ・ファンズを組成。

めんじょう・ひろし 小西六写真工業で新事業開発に従事。BCGを経て1991年にシリコンバレーに移住。新事業コンサルティングを経て、ベンチャーキャピタル及びファンド・オブ・ファンズを組成。

 特にジョブズ氏の2005年のスピーチは、シリコンバレーの精神を示す伝説的な名スピーチとして記憶に刻まれている。スピーチをしめくくった「Stay hungry, stay foolish」という言葉は、シリコンバレーの起業家たちの心に今もまっすぐに突き刺さる。

 「常に求めよ。決して分かった気になるな」と和訳できる彼の言葉。これには「自ら道を拓(ひら)いて大きな事業を立ち上げるまでには、多くの失敗があるだろう。チャレンジすればするほど自分の無知さを知ることとなるが、それが人を成長させる。自分の無知を知ったうえで、さらに先を求めよ」との思いが込められている。そして「他人の雑音に惑わされず、自分の心の声を聞け」と若者の自立を促した。

 13年に母校のマサチューセッツ工科大学(MIT)でスピーチをしたドリュー・ヒューストン氏は当時、弱冠30歳。多くのノーベル賞受賞者を輩出している大学における卒業講演としては異色の内容だった。ヒューストン氏が開発したドロップボックスは、今や世界中で5億人が使うオンラインストレージだ。彼が最初に始めたベンチャー企業は失敗したが、その失敗がきっかけで「心の声を聞く」ことができ、「本当に夢中になれる」ことを見出した。それがドロップボックスの開発につながった。そして「失敗そのものがリスクなのではなく、居心地よく満足してしまうことがリスク」だと言った。まさに「Stay hungry, stay foolish」ではないか。

 今年のハーバード大学卒業式に招かれたマーク・ザッカーバーグ氏も33歳の若さだ。彼は、すべての若者が生きる目的を持てるような社会を作ることを訴えた。そして「(大人が言うように)最初から目標が見えていることなどなく、どんなに大きな成果でも最初は小さな実行から始まる」と述べた。「少年よ、大志を抱け」ではなく「青年よ、まずは動け」なのだ。

 新しい世代の講演者の話には共通点がある。自らの心の声に耳を傾け、常識や周りの空気に惑わされず、まず実行し、失敗し、再び果敢に挑戦し、最後に成功する。これが、今世界で一人勝ちを続けるシリコンバレーの価値観だ。この価値観に対峙する考え方は、大人の言うことをよく聞き、周りの空気を読み、コンセンサスを最優先し、失敗を回避する。安全・安心が何より大事。これで果たして未来はどうなってしまうのだろうか。

 有名大学も自らのブランドに安住せず、常に変革を試みている。ハーバード大学とMITは「edX」と呼ばれるオンライン教育のプラットフォームをいち早く実用化している。12年のMITの卒業式では、サルマン・カーン氏が講演した。カーン氏が創立したカーンアカデミーは、動画投稿サイトの「ユーチューブ」で教育講座を無料配信する非営利団体である。考えようによっては、既存の大学に挑戦する破壊的な試みとも取れる。その立役者をMITは卒業式のスピーチに呼んだのである。

 日本を変えるには、強いリーダーの育成が必要だ。それには教育の見直しが欠かせない。まずは、若き挑戦者たちの主張に耳を傾けよう。

[日経産業新聞2017年7月11日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホを使う人たち(東京・銀座)

スマホアプリの利用者獲得がなぜうまくいかないのか

 消費者を直接の顧客とする企業は、スマートフォン(スマホ)のアプリの急速なはやり廃りを目の当たりにしてきた。アプリのユーザーを獲得するには費用がかかる。しかも、そのためのキャンペーンがうまくいかないこ…続き (9/15)

事業会社のベンチャー投資を成功させるには

 新事業創造や企業変革を進めたいという意識を持つ企業は、シリコンバレーのベンチャー企業と真剣にかかわろうと模索している。自社の資金をプールしてベンチャー投資を行う、コーポレート・ベンチャーキャピタル(…続き (9/8)

起業家育成プログラムにも多様な人材が集まる(2016年8月、神戸市)

オープンイノベーションで忘れがちな「縦の多様性」

 日本だけでなく、世界中でオープンイノベーションの取り組みが活発に行われている。大企業とベンチャー企業(VB)との交流会、新規事業のアイデアを出し合うコンテストの「アイデアソン」、社内ベンチャーなどだ…続き (9/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月19日(火)

  • フィンテックで進化するMUFGの金融サービス、2年連続で「CEATEC JAPAN」に出展する狙いとはーMUFG、カブドットコム、じぶん銀行の三社に聞く
  • 通信容量に困らない 格安SIMはこれを選べ![17年秋]
  • IBMとMIT、新たなAI研究所を設置 - 10年間で2億4000万ドル投資

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月19日付

2017年9月19日付

・HOYA、HDD向けガラス基板、3.5型に参入、データセンター向け
・半導体露光装置、最先端技術で攻勢 オランダ・ASMLやキヤノン
・腰痛薬 米で来月治験 アンジェスに春は来るか
・三菱ケミカル、外部に製造技術供与 5年で250億円の収益化
・カタログ通販のリンベル、体験ギフト5000点に エンタメ系追加
…続き

[PR]

関連媒体サイト