先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「デマニュースがビジネス」 世界中で組織化の実態
藤村 厚夫(スマートニュース執行役員)

2017/7/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

 昨年、米大統領選をめぐって勃発した「デマニュース」騒動は、その後も、大統領の近辺ではいっこうに沈静化の兆しが見えない。最近も、大統領とは「犬猿の仲」となったニュース専門放送局のCNNが、裏づけが不確かなまま、大統領側近とロシア側との接触をニュースとして取り扱った。調査報道担当のベテラン記者ら3人を退職させ、公式に謝罪する事態が起きた。

マクロン氏も大統領選の直前にネット上でデマニュースが出回った=ロイター
画像の拡大

マクロン氏も大統領選の直前にネット上でデマニュースが出回った=ロイター

 このように、米国ではデマニュース問題は、大統領と、それに批判的な報道機関らとの間で泥仕合の様相も見せているが、デマニュースはこのような米国内の局地戦にとどまらない。フランス大統領選の直前には、マクロン氏に関するフェイクニュースが出回った。

 今やデマニュースは世界の政局やビジネスを動かしかねない火種として、影響力を急速に広げている。周到なデマ情報の作成と、高度な技術や交流サイト(SNS)などを駆使して話題を拡散し、政敵を失墜させる工作が手法として定着しているのだ。

 いいかえれば、デマニュースの背後には、これをビジネスとする人々がいて、そのための組織や技術が完成しつつある。しかも世界各国でだ。

 これを詳細にリポートする文書が最近になって公開され、世界に衝撃を与えた。サイバーセキュリティー企業のトレンドマイクロ社が公刊した「フェイクニュース・マシン」である。

 リポートには、アメリカ、ロシア、中国、中東などでのデマニュースビジネスの実態が紹介されている。それによれば米国では、40万ドル(4500万円)もあれば、選挙結果に影響を与えられるという。

 ジャーナリストの名誉を傷つけるなら6万ドル弱だ。ロシアでは、選挙工作で当選実績を誇る宣伝まで流布されている。

ふじむら・あつお 法政大経卒。アスキー系雑誌の編集長、外資系IT(情報技術)企業のマーケティング責任者を経て2000年にネットベンチャーを創業、その後の合併でアイティメディア会長。13年から現職。東京都出身。

ふじむら・あつお 法政大経卒。アスキー系雑誌の編集長、外資系IT(情報技術)企業のマーケティング責任者を経て2000年にネットベンチャーを創業、その後の合併でアイティメディア会長。13年から現職。東京都出身。

 いずれの国でも、デマニュースの効果をあげるため、品質の高いデマ記事や動画の制作から始まり、SNSでフォロワーの多い利用者に「いいね」や「シェア」をさせる、さらに、街頭での抗議行動なども組織し、敏感な人々に火種を提供するといった方法がメニュー化されている。

 トレンドマイクロのリポートにはそのようなメニューのコピーが収録されている。デマニュースは、いまや高度に洗練されたビジネスへと成長していることがわかる。

 また、「インフォメーション」の報道によれば、中国では、政治活動は厳しく監視されているため、デマニュースビジネスは、「影の企業PR」に広く用いられるという。つまり、自社宣伝や他社の悪評判づくりが、メニュー化されており、多くのセミプロ級のブロガーや著名なSNS利用者が有料で動員される仕組みが半ば公然と行われているのだ。

 デマニュースを巡っては、政府機関が行うような謀略の手法が、いまでは安価に「民間」が利用できるようなビジネスになろうとしている。そうであるならば、対策もまた高度なものにならなければならない段階にきているといえる。

[日経MJ2017年7月10日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

酒造りに一役買うロボット「モロミ君」と尾畑酒造の尾畑専務

IoTで酒づくり もろみの温度、ロボがお知らせ

 新潟県の佐渡島にユニークな日本酒づくりをする酒蔵がある。「尾畑酒造」という酒蔵で、筆者も幾度か足を運んだ。地元の廃校を仕込み蔵に改装し、「学校蔵」と触れ込んで酒造りや交流の場にあてている。活用するの…続き (9/14)

過激な記事や動画に、広告が自動配信される問題が議会でも議論に(英国の国会議事堂周辺)=ロイター

ロイター

GoogleとFacebookがネット広告占有 世界各国で反発

 インターネットでいやが上にも目につく広告。この広告市場の7割を2社が占有しているかもしれないということをご存じだろうか。2社とは、検索やスマートフォンで存在感の強いグーグルと、交流サイト(SNS)の…続き (9/7)

IBMでは、1915年の伝説の演説が聴ける

IBM

100年前の名演説が聴ける 電子アーカイブが隆盛

 最近ウェブサイトを閲覧していると、面白いデジタル・アーカイブに行きあたって、すっかり熱中してしまうことがある。博物館や美術館がデジタル・アーカイブを設けているのは知られているが、今や多様な組織がアー…続き (8/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月19日(火)

  • フィンテックで進化するMUFGの金融サービス、2年連続で「CEATEC JAPAN」に出展する狙いとはーMUFG、カブドットコム、じぶん銀行の三社に聞く
  • 通信容量に困らない 格安SIMはこれを選べ![17年秋]
  • IBMとMIT、新たなAI研究所を設置 - 10年間で2億4000万ドル投資

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月19日付

2017年9月19日付

・HOYA、HDD向けガラス基板、3.5型に参入、データセンター向け
・半導体露光装置、最先端技術で攻勢 オランダ・ASMLやキヤノン
・腰痛薬 米で来月治験 アンジェスに春は来るか
・三菱ケミカル、外部に製造技術供与 5年で250億円の収益化
・カタログ通販のリンベル、体験ギフト5000点に エンタメ系追加
…続き

[PR]

関連媒体サイト