/

この記事は会員限定です

暴走ウーバー 革新どこへ

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

かつてないメガベンチャーを生み出した起業家は、どんな存在として産業史に名を残すのか。ライドシェア(相乗り)サービス最大手、米ウーバーテクノロジーズの創業者であるトラビス・カラニック氏(40)が最高経営責任者(CEO)を辞任した。

社員のセクハラ被害、技術盗用疑惑、自身の暴言……。問題が次々と噴出し、主要株主の投資会社に退任を迫られた。「とにかく進め」と叫ぶ前のめりの経営姿勢が、荒れた社風の元凶とさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1951文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン