トップ > 特集 > 小池都政 > トピックス > 記事

小池都政

フォローする

次は「国民ファースト」?

2017/7/4付
保存
共有
印刷
その他

実質的に都民ファーストの会を率いる小池百合子知事は3日、記者団に将来の国政進出の可能性に関し「今はそういう状況ではない」と否定してみせた後、付け加えた。「『都民ファースト』ならぬ『国民ファースト』をベースに考える必要がある。そういう人が増えていけば国民にとってもいいことだ」

1993年の日本新党の成功体験が念頭にありそうだ。都議選に打って出た同党は初陣で20議席を獲得。直後の衆院選で非自民連立の細川護熙政権の誕生へとつながった。「都議選から衆院選。同じ流れを作ろうとしている」。自民党議員は小池氏の動きを警戒する。

「とりあえずビールで(お祝いした)」。3日午前、願掛けの断酒を解禁したと明かした小池氏。自民党が惨敗を喫し、下村博文都連会長らが辞任の意向を示したことについて「きっと(党勢挽回の)チャンスにされる」と皮肉った。

小池都政をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ

電子版トップ特集トップ