/

この記事は会員限定です

工作機械2年ぶり「薄日」 7~9月産業天気図、2業種が改善

[有料会員限定]

日本経済新聞社が主要30業種を対象にまとめた2017年7~9月期の産業天気図予測は産業・工作機械、マンション・住宅が改善する。中国の工場自動化需要や国内の個人消費の緩やかな回復が後押しする。ただ人手不足や消費者の節約志向などは続く見込みで企業は慎重な経営戦略を迫られる状況が続きそうだ。

30業種の天気図を点数化して集計した「日経産業天気インデックス(日経DI)」は3期連続の上昇となる。景況感が下か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン