マイゴルフ

フォローする

アイアンショット 目線で高低を打ち分け
大山志保(10)

2017/6/30 6:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

キャディーバッグの中に、アイアンは5番からピッチングウエッジ、そして52度、58度の計8本。アイアンショットは、ボールの先にスイングの最下点がくるように打っている。ボールの赤道部分をダウンブローで打つ感じだ。

プロアマ戦などで、アマチュアの方にも「ボールの先にもう1個ボールがあると仮定して打つ感じで」とアドバイスしている。ボール位置は7番アイアンまではほぼ真ん中で、6番、5番は少し左め。低い球だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
49歳でプロになりシニアツアーに参戦=西本政明撮影

 19日からの日本シニアオープン(埼玉県日高CC)に出場している。この大会は初出場した2014年大会(兵庫県小野グランドCC・NEW)が思い出深い。最終日を1991年マスターズ優勝のイアン・ウーズナム …続き (9/20)

7月の全英オープンでは自分らしいゴルフで予選を突破した

 昨年の日本オープン初優勝で5年シードを手にした。とはいえ、ゆとりは感じたくはない。1年1年が崖っぷち、「賞金シード獲得は最低ライン」と自分に言い聞かせている。今季は先週まで国内ツアー12戦で予選落ち …続き (9/13)

体の右に壁をつくって、ボールをつかまえやすくする

 大会前の練習ラウンドは、じっくり練習したいので一人で回ることが多い。時間が合えば、同じ九州の時松隆光選手と一緒に回ったりもする。

 まずティーショットを打っていい方向、ダメな方向をチェックする。グリー …続き (9/6)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]