/

この記事は会員限定です

米に銀証分離の「亡霊」 トランプ氏、ウォール街の敵か味方か

真相深層

[有料会員限定]

グラス・スティーガル法の亡霊――。商業銀行と投資銀行(証券)の業務を分ける「銀証分離」を定めた法律の復活を巡り、米政界や金融業界でさざ波が立っている。米財務省が公表した金融規制の緩和提案には盛り込まれなかったが、完全に消えたわけではない。トランプ政権はウォール街の敵か味方か。

「検討している」

財務省が12日公表した金融規制の見直しに向けた報告。ウォール街に安堵の空気が広がった。中規模以下の銀行を重点にした緩和提案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン