面白く生きる! (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保護主義や自国主義台頭、西洋が東洋から学ぶこと
グロービス経営大学院学長 堀義人氏(70)

2017/6/28 6:30
共有
保存
印刷
その他

 5月中旬、カンボジアの首都プノンペンで世界経済フォーラム主催の国際会議が開かれた。僕は日本代表の一員として会議に参加し、面白いテーマのセッションに登壇した。

 タイトルは「東洋と西洋、アイデアの融合」だ。セッション説明文にはこう記載されていた。「英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ現象に見られるとおり、西洋では社会の断絶が起こり、保護主義や自国主義など内向きの政策が進められている。一方、東洋は相対的に政治・経済・社会的に安定しているように見受けられる」

 そして3つの質問が投げかけられた。1つ目が「このような社会的断絶は西洋だけのものだろうか」。2つ目が「西洋だけとすれば、なぜ東洋では起こっていないのか」。3つ目が「西洋は東洋から何を学ぶべきか」だ。

 自分なりの見解をまとめるため、プノンペン入りする前に有識者と意見交換した。そのうちの1人がシンガポール国立大リー・クアンユー公共政策大学院院長のキショール・マブバニさんだ。セッションの1つ目の質問について聞いてみると「西洋だけの問題で、東洋には起こっていない」との見解が返ってきた。

 そこで、「フィリピンや韓国の大統領をどう説明するのか?」と突っ込んで聞いてみた。彼の答えは「ポピュリズムかもしれないが、保護主義でも自国主義でもなく、内向きでもない」というものだった。

 プノンペン入りして、セッションに登壇した。僕はマブバニ氏の意見を踏まえつつ、なぜ欧米では断絶が起こり、東洋では起こっていないかを次の通り説明した。

 米国のトランプ大統領は就任演説のときに「忘れ去られた人々」という言葉を使い「もはや彼らは忘れ去られることはない」と力説した。

 そもそも誰が「忘れ去られた人々」なのだろうか。投票行動からもわかる通り、「忘れ去られた人々」は、地方在住の相対的に高齢で低学歴の白人男性だ。いわゆる地方にいる工場労働者が多い。彼らが抱く不満が、トランプ氏躍進につながった。

堀義人(ほり・よしと)1986年京大工卒、住友商事入社。米ハーバード大経営大学院で経営学修士号(MBA)取得後、92年にグロービス設立。「ヒト・カネ・チエの生態系を作り社会の創造と変革を行う」ことを目標に、経営大学院の経営、ベンチャーキャピタルの運営、経営ノウハウの出版・発信を手掛ける。茨城県出身。55歳。

堀義人(ほり・よしと)1986年京大工卒、住友商事入社。米ハーバード大経営大学院で経営学修士号(MBA)取得後、92年にグロービス設立。「ヒト・カネ・チエの生態系を作り社会の創造と変革を行う」ことを目標に、経営大学院の経営、ベンチャーキャピタルの運営、経営ノウハウの出版・発信を手掛ける。茨城県出身。55歳。

 では、なぜ忘れ去られたのだろうか?それは単純な理由からだろう。欧米では、工場が海外に移転し閉鎖される際に、労働者を解雇する意思決定がなされる事例が多い。労働者は、工場移転に伴い職を失い、忘れ去られてしまうのだ。

 日本では工場を閉鎖しても、労働者は再教育・再配置されて雇用を維持されるべく企業は努力をする。欧米では、労働者を「費用」としてとらえがちだが、日本などアジアでは労働者を「資産」として考える。日本やアジアの場合は忘れ去られた人々は相対的に少ないのだ。

 40年近く前だが、ボストン・コンサルティング・グループ日本支社の創設者であるジェームズ・アベグレン氏が「日本の会社はコミュニティーである」と指摘している。

 この日本的なコミュニティー経営は、海外からは批判が多かった。日本はバブル崩壊後に「失われた20年」などと言われ、欧米からは「停滞した経済」というレッテルを貼られてきた。企業業績の面でも自己資本利益率(ROE)や時価総額で欧米の方が優位に立っている。

 だがここにきて西洋は保護主義・自国主義化して、内むきになり、社会的断絶が起こっている。一方日本は、政治的・社会的にも安定している。今まさに、日本的なコミュニティー経営や社会的システムが見直され始めているのだ。

 セッションが終わった。テーマおよびトピックは、西洋の悩みを象徴していた。西洋は今、新たな社会のあり方を模索しているのだ。

 「東洋は西洋から多くのことを学んできた。感謝状を出すに値する。だが学びは双方向でなければならない。これからの時代は、西洋は東洋から多くを学ぶ必要がある」とマブバニ氏が僕に語ってくれたことを思い出していた。

[日経産業新聞2017年6月23日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

面白く生きる! (日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

面白く生きる! (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

バスケBリーグ(28日、国立代々木競技場)=共同

共同

水戸の中心でバスケ躍動 街中に大型スポーツカフェ

 9月末、プロバスケットボールBリーグの2期目のシーズンが始まる。僕がオーナー兼取締役を務める茨城ロボッツは、日本人3選手、外国人2選手の新戦力を獲得。フォーメーション練習で連係プレーに磨きをかけてい…続き (9/20)

社員のやる気を引き出す4原則

 「社員をやる気にさせるにはどうすればよいのか」。創業以来ずっと考え続け、試行錯誤を繰り返してきた。経営者の最も重要な役割は、社員が自らの意志で納得して働くようにすることだ。命令や罰則、報酬などだけで…続き (9/13)

論理と感情だけじゃない 意思決定、直観も生かそう

 「ベンチャー投資を成功させる秘訣は何ですか」。20年ほど前、伝説のベンチャーキャピタリストであるアラン・パトリコフ氏にこう質問したことがある。まだ経験が浅かった僕は、先輩キャピタリストから多くのこと…続き (9/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力
  • 触って感じた「iPhone X」第一印象―「iPhone 8/8 Plus」とどう違う?
  • グーグルも交えて大混戦、通信・メディア再編の鍵は映像とモバイル

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月20日付

2017年9月20日付

・香港のIT企業「オクト3」、電子コインで資金調達
・キャトル、試供品、狙った顧客層に配布
・日本バルカー、複数用途対応のグランドパッキン販売
・鉄鋼、旺盛な需要下で相次ぐ設備トラブル
・低コストの宅配ロッカー、ウィルポート 外部電源不要に…続き

[PR]

関連媒体サイト