Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米離脱後のパリ協定、中国の排出量取引が焦点
三井物産戦略研究所シニア研究フェロー 本郷尚

2017/6/12 6:30
共有
保存
印刷
その他

 トランプ米大統領は「パリ協定」からの離脱を発表した。予想されたとはいえ衝撃は大きく、各国や産業界から批判が相次いだ。パリ協定は途上国も削減目標を持ったことが特徴であり、それを可能にしたのは米国と中国の協力だった。途上国や中国にしてみれば、はしごを外された格好だ。中国の対応次第では途上国の大量離脱となり、パリ協定の崩壊につながりかねない。

画像の拡大

 中国は排出量を2030年までに減少に転じさせると約束した。見方を変えれば30年ごろまで増加が続く。トランプ大統領も指摘した点だ。

 しかし、経済成長も長期的に7%を超える水準から3~4%台へと低下すると見込まれ、国際エネルギー機関(IEA)は二酸化炭素(CO2)規制を適切に行えば、20年代前半に排出量が無理なく減少に転じ、30年ごろには10年代前半の水準に戻すことも可能との分析を公表している。

 このシナリオのカギを握るのが排出量取引だ。中国は国連が管理するクリーン開発メカニズム(CDM)では世界最大の排出枠(クレジット)供給国で、13年から北京市などで排出量取引(ETS)を導入。第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)では、17年から全国規模に拡大すると明言した。

 5月に電力、セメント、アルミの先行3部門の排出枠割り当ての基準値が公表されたが、地域による技術の相違を考慮はするものの、高効率化を前提にした統一基準だ。国内航空、製鉄など5部門も来年以降追加される。

 排出量取引は排出枠を企業間で取引することで適切な価格を導き出し、削減コストを抑える仕組みだ。1トン当たり30元(約480円)という政策誘導価格も非公式に示されている。上海市など7つの取引所が排出量取引に名乗りを上げている。

 また、中国版CDMにより小規模工場の省エネなども取引に参加できる。動き出せば、欧州排出量取引市場を上回る世界最大の排出量取引市場になるだろう。

 懸念もないわけではない。排出枠の割り当てが公平かどうか、あるいは投機的な動きがないかどうか。分配が甘ければ削減が進まない。数値基準を採用し、価格の高騰や低迷を抑える介入基金の設置や炭素税との併用など、欧州や北米の排出量取引の経験を活用した工夫も検討している。

 成熟した中国経済が次の段階の経済成長を目指すためには、エネルギー供給や資源多消費産業の構造転換は避けられない。排出総量をコントロールする排出量取引は構造転換を確実にする。排出量の早期減少は現実的なシナリオだ。

 パリ協定による20年削減目標の見直しで、「削減目標引き上げ」という切り札を持つ中国がパリ協定を離脱する積極的な理由は見当たらない。

 パリ協定の将来は不確実との指摘もあるようだ。しかし、低炭素社会への移行は多少の揺り戻しがあっても変わらない流れだ。

 トランプ大統領は素材産業の生産減とマイナス要素だけに触れたが、他方で新しい技術や産業による雇用や収入増もある。CO2規制を商機と捉え、本格的に長期戦略を考えてはどうだろうか。不透明さがある今の対応が将来を分けるかもしれない。

[日経産業新聞2017年6月8日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Eの新話(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原子力機構のHTTRは福島原発事故後、研究が中断している(同機構提供)

日本原子力研究開発機構提供

次世代原発「高温ガス炉」開発再始動へ 東欧と協力

 いまの原子力発電の主流である軽水炉より安全性が高いとされる次世代原子炉「高温ガス炉」の開発が再始動する。政府がインフラ輸出をにらみ、ポーランドとの共同研究が動き出すからだ。東京電力福島第1原発事故後…続き (10/16)

省エネモーター向けレアアース 国際リサイクルに商機

 省エネは二酸化炭素(CO2)削減の一丁目一番地だ。大量にエネルギーを消費する電力や鉄、セメント、化学などの装置産業、さらには家電やオフィスのCO2削減市場の拡大に目がいくが、それを支える部品や素材に…続き (10/9)

東京電力富津火力発電所に接岸するLNG船(千葉県富津市)

世界で普及進む天然ガス車 日本も政策で後押しを

 フランス、イギリス政府が7月、2040年までに国内のガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。9月には中国工業情報省次官が「化石燃料車の生産・販売の禁止時期に関連する調査を始めた」と語…続き (10/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月20日(金)

  • ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
  • 米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増
  • 機械学習で「雑草だけに除草剤」―米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト