/

この記事は会員限定です

地銀にできる金融大革新

論説委員長 原田亮介

電子化、生産性向上に一役

[有料会員限定]

日本IBMやコンサルティング会社を経て学界に転じ、学際研究に詳しい松島克守東大名誉教授には持論がある。「日本経済には莫大な含み資産がある」

日本の金融はバブル崩壊の後遺症もあってIT(情報技術)の波から取り残されてきた。だからこそ、デジタル化を進めれば生産性の大幅な向上が見込めるというのだ。

稟議(りんぎ)印を集めるような仕事をペーパーレスに改める。書類づくりのためだけの残業を減らし、留め置かれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン