/

この記事は会員限定です

独仏選挙、金融市場が好感

オーストリアにリスクも

[有料会員限定]

フランスでは大統領選で極右・国民戦線のルペン候補が負け、ドイツの地方選ではメルケル首相が率いる保守政党が破竹の勢いで勝ち進む。「独仏枢軸」の復活を金融市場は好感し、通貨ユーロも株価も上昇基調にある。だが一難去ってまた一難というのが最近の欧州連合(EU)。またもや新たな暗雲が忍び寄る。

最近の政治イベントは軒並み「ベストシナリオ」で通過した。欧州懐疑派の敗北だ。3月のオランダ議会選、5月のフランス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン