/

この記事は会員限定です

韓国 特使外交を本格化 THAAD配備、米に「国会批准必要」

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「特使外交」が18日、本格化した。「最重要議題」(大統領府)と位置づける北朝鮮核問題をめぐり、米側に地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の在韓米軍配備に向けた韓国内での国会批准の必要性を指摘した。

聯合ニュースによると、トランプ米大統領は洪錫炫(ホン・ソクヒョン)前中央日報会長との会談で「文大統領と一緒に北朝鮮核問題を解決していく」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン