Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

上場しないメルカリ 注目集めるユニコーンモデル
ネットイヤーグループ社長 石黒不二代

2017/5/23 6:30
共有
保存
印刷
その他

 非上場でありながら千億円規模の企業価値があるベンチャー企業群「ユニコーン」。有名なところでは、米配車アプリのウーバーテクノロジーズや民泊仲介サービスを運営する米エアビーアンドビーなどがある。

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。
画像の拡大

1994年にスタンフォード大学経営大学院を修了、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。2000年から現職。

 世界には200社近くのユニコーンがあり、その半分が米国企業と言われている。かつてユニコーンだったグーグル(現アルファベット)やフェイスブックが上場後も投資家から高い評価を得ていることもあり、ベンチャー企業が上場するまでの間に成長するトレンドが続いている。

 現在、残念ながら日本にはユニコーンが1社しかない。フリーマーケットアプリのメルカリだ。私は同社のサンフランシスコオフィスを訪ねた。

 リユース(中古品)市場を席巻しているメルカリは4年前に創業されたばかりだ。創業の翌年には米国版をスタートさせている。同社のアプリはすでに6千万件以上ダウンロードされている。米国でのダウンロード数ランキングで総合3位になったこともある。

 業績も好調だ。2016年6月期の売上高は122億円(15年6月期は42億円)、営業損益は15年6月期に11億円の赤字だったが、16年6月期には32億円の黒字に転換している。資金調達額も日本のIT(情報技術)企業の中では群を抜く126億円に達した。

 これだけの業績をあげていればすぐにでも上場できそうだ。しかし、創業者で代表取締役の山田進太郎氏の考え方は違っている。彼は上場企業になることよりも、世界で成功することに重きを置いているのだ。

 日本では卓越した業績を達成しているが、それだけでは世界で成功する条件にはならない。世界中の人に認められるには米国で勝たなければならない。米国でうまくいけば、欧州が見えてくる。実際、メルカリは今年、英国進出を果たした。

 上場すると不特定多数の投資家が株主になるため、配当原資や株価の裏付けとなる利益をあげ続ける必要がある。だが、世界で成功するには、短期的には利益を減らす経営判断をする場面があるかもしれない。非上場なら、そうした判断を受け入れてくれる投資家だけが株主になる。こうした考え方は、メルカリだけでなく、海外のユニコーンにも共通している。

 メルカリの山田氏は根っからの起業家で、大学卒業後インターネットサービスの「ウノウ」を設立した。これが米国最大のソーシャルゲーム会社のジンガに買収され、メルカリ創業の原資を得るきっかけとなった。

 エンジニアでもある山田氏は、絶頂期のジンガで取締役を務め、米国企業のサービスのプロデュースや運営の仕方、組織の組成や採用と目標管理などのマネジメントを学んだ。山田氏以外の2人の取締役もソーシャルゲームの会社を経営していた元エンジニアだ。

 現在、メルカリは法令違反の疑いのある商品の出品が相次いでいることへの対策に追われている。だが、経営陣はデータをもとに、計画の立案・実行・検証・再実行(PDCA)を繰り返しながら企業の価値を高める経験を積んでいる。解決に向かうだろう。

 一方、日本の最近の新規上場(IPO)の傾向を見ると、米国と正反対のことが起こっている。16年にIPOした企業は83社。そのうち、公開価格で計算した時価総額が50億円に達していなかった企業が46社もある。

 小規模の企業が四半期ごとに決算を発表し、投資家や株主に短期的な利益を約束している。これでは世界で成功するのは難しいのではないか。

 米国では、ユニコーンの増加が上場へのハードルを高くしているとの懸念もある。だが、小粒なまま上場した企業よりも、起業家が自由に経営しやすいユニコーンの方が中長期の成長を実現しやすいと思う。

[日経産業新聞2017年5月18日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Smart Times (日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

世界最大の自動車市場の中国は大気汚染も深刻(北京市)

アジア進出、先進的で規模の大きい中国が魅力

 C Channelは今年、アジアでの事業を積極的に行っています。私も色々な国を訪れ、現地での経済やIT(情報技術)、起業環境などの話を聞くことが増えました。中でも中国の圧倒的な成長が目を引きます。
 …続き (10/17)

共同

アップルに学ぶ 日本企業も「美しいものづくり」

 米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone8」の発表会に呼ばれた。製品もさることながら、それと同じぐらい衝撃を受けたのがアップルの新社屋だ。
 発表会が行われた「スティーブ・ジョブズ・シア…続き (10/10)

成功する企業が策定する戦略に5つのポイント

 成功している企業はどのような手法を用いて戦略を構築しているのでしょうか。私が知っている事例をもとに、5つのポイントにまとめてみました。企業の戦略に関する常識にとらわれずにお読みください。
 まず指摘し…続き (10/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月18日(水)

  • 「監視社会」として先進国の先を行く中国 ファーウェイ幹部が語ったパブリックセーフティーの現状
  • シャンタヌ ナラヤンCEOが語るAdobeの「いま」と「これから」
  • 10代女性のSNSは異次元、5Gアプリ委員会の調査で判明

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月18日付

2017年10月18日付

・百度の日本法人、部屋の壁に動画投映するAI照明 来夏に国内販売
・ソニーモバイル、筒型ロボット発売へ 家族の一員に
・楽しい運転、脳波で測る 産総研
・GMO ビットコイン採掘に100億円 独自半導体で中国勢に挑む
・三菱ふそう、トラックの機能をスマホで操作 車両データも遠隔確認…続き

[PR]

関連媒体サイト