/

この記事は会員限定です

底堅さ増す世界経済 金融緩和、幕引き段階へ

UBS会長 アクセル・ウェーバー氏

[有料会員限定]

欧州の政治リスクが峠を越し、世界経済が底堅さを増している。金融市場への追い風だが、これまでの緩和的な金融政策はどう調整すべきか。UBS会長(前ドイツ連銀総裁)のアクセル・ウェーバー氏に見通しを聞いた。

――現状の世界景気は。

「一言でいえば好調だ。世界全体の80%にのぼる国・地域で、実際の経済成長率が潜在成長率を上回っている。国際通貨基金(IMF)による4月の世界経済見通しで、久しぶりに見通しが下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン