奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

SNS時代に紙のDM 「飛び出る絵本」で拡散希望 (徳力基彦)

(1/2ページ)
2017/5/14 6:30
共有
保存
印刷
その他

 3月、第31回全日本DM大賞の授賞式が行われた。全日本DM大賞とは、いわゆる企業が発送しているダイレクトメール(DM)の中から優れた企画を審査・表彰している企画だ。今回筆者も初めて審査委員として参加し、いろいろと気づかされたことがあった。

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる
画像の拡大

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる

 DMとは最近はどのような存在だろうか。昔からのなじみのある存在という人もいれば、最近はeメールやLINEのようなスマートフォン(スマホ)やパソコンが中心のコミュニケーションで、あまりなじみがないという人もいるかもしれない。

 筆者自身も本業がソーシャルメディア周辺ということもあり、最近は紙のDMは縁遠い存在だった。企業が顧客とコミュニケーションをとる上でもeメールであればそれほどコストはかからない。一方のDMは何しろ手間もコストもかかる。最近では相対的に費用の負担も高いコミュニケーション手段、というのが私個人の印象だった。

 ところが今回のDM大賞で思いを改めた。実はデジタルコミュニケーション手段が普及した結果、アナログなコミュニケーション手段の価値が逆に上がっているのではないかと感じたからだ。

 象徴的なのは、名刺管理サービスを展開しているSansan(サンサン。東京・渋谷)の受賞事例だろう。Sansanは2007年に設立されたベンチャー企業だ。当然ながらこれまでは、ウェブやメール中心で顧客へのアプローチを展開していた。

 それが今回、紙のDMとeメールを組み合わせることで、通常の半分の受注コストで目標を大幅に上回る受注額の達成ができたという。つまり、デジタルのeメールだけでなく、アナログのDMを組み合わせた方が成果が高かったということだ。

 また、数々の受賞作の事例からは、リアルな物が送られてくるDMは、クチコミとの相性が良いことも強く感じられた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

口紅をつけた雰囲気も返してくれる

フェイスブックのメッセンジャー、口紅を仮想試着

 電子メールに次ぐ顧客とのコミュニケーションツールはなんだろう。利用者のメール受信ボックスがプロモーションメールであふれかえる中、ネット事業者が頭を悩ませているポイントではないだろうか。日本ではLIN…続き (9/24)

女性活躍や働き方改革は日本企業の重要テーマ(広島市のイベント)

IT業界のワーキングマザー 肯定感の共有を

 女優の武井咲さんと歌手のTAKAHIROさんの結婚と、武井咲さんの妊娠が発表された。非常におめでたいニュースであるのに、CMに多数契約する武井さんの違約金が膨大な額になるといった臆測にもとづいた話が…続き (9/17)

訪日外国人向けメディア活況、月間150万人利用も

 一時は停滞を危惧されたインバウンド市場だが、訪日外国人数は順調に増加している。4~6月期の旅行消費額も1兆776億円と過去最高となった。中国人の爆買いはやや落ち着きつつあるが、逆にツアーから個人旅行…続き (9/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト