奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ (三浦茜)

(1/2ページ)
2017/4/30 6:30
共有
保存
印刷
その他

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単になったものの、まだまだそのちょっとした煩雑さを拭いされない人も多いのではないだろうか。筆者もその一人だ。

専用の袋に入れて服を送る
画像の拡大

専用の袋に入れて服を送る

 そんな思いを変える機会が、昨年末の大掃除の際にあった。出品や値付け、発送の手間を全て代行してくれる、ThredUP(スレッドアップ)というサービスを利用してみた。潔く気持ちのよい体験だった。

 スレッドアップは2009年に創業。これまで1億3100万ドル規模(約150億円)の資金を調達している。当初はすぐ着れなくなってしまう子供服の交換サービスとしてスタートした。シェアリングエコノミーが米国で話題となり始めた頃に生まれたサービスだ。

 しかしその後ピボット(方針転換)し、現在は中古子供服と婦人服の販売仲介サイトとなり、サイトにアクセスするとたくさんの子供服と婦人服が並んでいる。一見従来のリサイクルショップのようにも見えるが、インターネットで大規模に効率よく運営されている。

 スレッドアップの利用方法はいたってシンプルだ。サイトから専用の袋を取り寄せ、その袋にいらない服を詰めて送るだけ。米国はマンションや道端に宅配企業の回収ボックスが設置されている。スレッドアップの袋には宛先なども明記されているため、服を詰め込んだ袋を回収ボックスに投函(とうかん)すればよい。

 袋を取り寄せる際に、服を販売した利益を自分が受け取るか、またはチャリティー活動に寄付するかを選択する必要がある。自身が受け取る場合は、約5ドルの袋代が追って売り上げから差し引かれる。

 送られてくる袋に同封されている冊子にいくつか注意事項が記載されている。高品質なものを提供するため、買い取りの可能性は50%程度であること。きれいな状態、購入から5年以内、名の付いたブランド物であることなどが買い取りの条件としてあげられている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

三浦茜スレッドアップユニクロフリマアプリ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンエコーなどの音声AIはシニアのネットショッピングに役立つか

80歳母のアマゾン初体験で見えてきたこと

 先日実家に行くと、母がニヤニヤしながらクッキーを持ってきた。「那須トラピストガレット」という、父が出張でよく買って来た思い出の洋菓子だ。「どうしたの?」と母に尋ねると、「アマゾンで買った」とドヤ顔を…続き (10/15)

人手不足が促す「店舗無人化」 スマホ決済、新業態生む予感

 慢性的な人手不足が続く中で、小売業やサービス業の人件費は高騰している。都市部ではアルバイトの時給が1000円を超えることはもはや普通の状況だ。時給が高くても採用できない企業も増えて出店計画を達成でき…続き (10/8)

スノーピークは経営危機から顧客との関係を見直した(アンバサダープログラムアワードから)

スノーピークが好例 愛着度示す「エンゲージメント」

 デジタルマーケティングやソーシャルメディアを活用したマーケティングの現場で最近よく使われるのが「エンゲージメント」という言葉だ。ツイッターやフェイスブックの投稿に対する反応率を「エンゲージメント率」…続き (10/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月18日(水)

  • Apple、iOS/macOSなど全OSでWi-Fi脆弱性の対応パッチを近く提供へ
  • NEC、働き方改革推進の「見える化サービス」などを強化―勤務状況を可視化
  • スマホに続く市場?AIスピーカーでGoogle、LINE、Amazonが火花

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月18日付

2017年10月18日付

・百度の日本法人、部屋の壁に動画投映するAI照明 来夏に国内販売
・ソニーモバイル、筒型ロボット発売へ 家族の一員に
・楽しい運転、脳波で測る 産総研
・GMO ビットコイン採掘に100億円 独自半導体で中国勢に挑む
・三菱ふそう、トラックの機能をスマホで操作 車両データも遠隔確認…続き

[PR]

関連媒体サイト