奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ (三浦茜)

(1/2ページ)
2017/4/30 6:30
共有
保存
印刷
その他

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単になったものの、まだまだそのちょっとした煩雑さを拭いされない人も多いのではないだろうか。筆者もその一人だ。

専用の袋に入れて服を送る
画像の拡大

専用の袋に入れて服を送る

 そんな思いを変える機会が、昨年末の大掃除の際にあった。出品や値付け、発送の手間を全て代行してくれる、ThredUP(スレッドアップ)というサービスを利用してみた。潔く気持ちのよい体験だった。

 スレッドアップは2009年に創業。これまで1億3100万ドル規模(約150億円)の資金を調達している。当初はすぐ着れなくなってしまう子供服の交換サービスとしてスタートした。シェアリングエコノミーが米国で話題となり始めた頃に生まれたサービスだ。

 しかしその後ピボット(方針転換)し、現在は中古子供服と婦人服の販売仲介サイトとなり、サイトにアクセスするとたくさんの子供服と婦人服が並んでいる。一見従来のリサイクルショップのようにも見えるが、インターネットで大規模に効率よく運営されている。

 スレッドアップの利用方法はいたってシンプルだ。サイトから専用の袋を取り寄せ、その袋にいらない服を詰めて送るだけ。米国はマンションや道端に宅配企業の回収ボックスが設置されている。スレッドアップの袋には宛先なども明記されているため、服を詰め込んだ袋を回収ボックスに投函(とうかん)すればよい。

 袋を取り寄せる際に、服を販売した利益を自分が受け取るか、またはチャリティー活動に寄付するかを選択する必要がある。自身が受け取る場合は、約5ドルの袋代が追って売り上げから差し引かれる。

 送られてくる袋に同封されている冊子にいくつか注意事項が記載されている。高品質なものを提供するため、買い取りの可能性は50%程度であること。きれいな状態、購入から5年以内、名の付いたブランド物であることなどが買い取りの条件としてあげられている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

三浦茜スレッドアップユニクロフリマアプリ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性活躍や働き方改革は日本企業の重要テーマ(広島市のイベント)

IT業界のワーキングマザー 肯定感の共有を

 女優の武井咲さんと歌手のTAKAHIROさんの結婚と、武井咲さんの妊娠が発表された。非常におめでたいニュースであるのに、CMに多数契約する武井さんの違約金が膨大な額になるといった臆測にもとづいた話が…続き (9/17)

訪日外国人向けメディア活況、月間150万人利用も

 一時は停滞を危惧されたインバウンド市場だが、訪日外国人数は順調に増加している。4~6月期の旅行消費額も1兆776億円と過去最高となった。中国人の爆買いはやや落ち着きつつあるが、逆にツアーから個人旅行…続き (9/10)

長野県のイベントで、キングコング西野さんが絵本について語った

絵本「えんとつ町のプペル」 成功生んだクラウド調達

 お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんがつくった絵本「えんとつ町のプペル」の勢いが止まらない。出版不況がさけばれるなか、プペルの発行部数は発売から1年を待たずに30万部を突破した。
 先日長野で開催さ…続き (9/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト