/

この記事は会員限定です

朝鮮半島 有事への備え

西村金一氏/道下徳成氏

[有料会員限定]

朝鮮半島情勢が緊迫の度合いを強めている。北朝鮮は弾道ミサイルの発射実験など挑発を繰り返し、6度目の核実験も準備しているとされる。一方のトランプ米政権は、外交や制裁強化に加え、軍事力の行使も否定しない。半島有事がもし現実となれば、事態はどう展開するのか。防衛省で情報分析官を務めた軍事アナリストの西村金一氏と、米朝関係に詳しい道下徳成・政策研究大学院大学教授に聞いた。

武力衝突に3シナリオ 軍事アナリスト 西村金一氏

――現在の朝鮮半島情勢をどう見ますか。

「核兵器や弾道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン