戦略ネットBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

旅行サイト「トラベルjp」 ニッチな体験取材が目玉

2017/4/22 6:30
共有
保存
印刷
その他

 ベンチャーリパブリック(東京・港)が運営する国内外の旅行商品の比較サイト「トラベルjp」が競合サイトにない強みを磨いている。旅に詳しい数多くの専門家が、ロンドンの書店や鍾乳洞などまで自ら訪れ、魅力を文章と写真で紹介する記事を充実。交流サイト(SNS)とも連携するなど、消費者をひき付ける仕掛けで他のサイトに先行している。

560人以上の専門性の高いナビゲーターが自分の目で見た旅行先を紹介
画像の拡大

560人以上の専門性の高いナビゲーターが自分の目で見た旅行先を紹介

 「松江城を観光するならばココをおさえよう」「素敵本屋、ロンドンの『フォイルズ』の楽しみ方」――。トラベルjpのサイトで「旅行ガイド」ボタンを押すと、写真付きの様々な特集記事が目に飛び込んでくる。その数、2万本超だ。

 「たびねす」と呼ぶサービスで、執筆しているのは登録する560人以上の「旅行ナビゲーター」だ。それぞれライターやブロガー、社長、まちづくりコンサルタントなど多彩な肩書。観光や文化などに詳しい人を面接審査で厳選した。

 ナビゲーターは「神社・寺」「スイーツ」「ホテル・旅館・民宿」など得意分野を中心に、紹介したい場所やテーマについて現地を訪ねてから記事を執筆する。インターネット上に落ちている情報を切り貼りしただけのまとめサイトにはない臨場感がある。

 「ダム」「夜景・夕暮れ・朝日」「鍾乳洞・洞窟」などニッチ(隙間)系のテーマを得意とする人も多い。既存のガイドブックには載っていない旅行先や通な楽しみ方が満載だ。記事の近くには取り上げた地域の宿など商品情報を表示する。英語版も始めた。

 トラベルjpの中核的な機能はもちろん商品の比較・検索だ。250を超える旅行会社などが販売する格安航空券やパッケージツアー、ホテルなどを検索、比較できる。クリックすると情報提供元に飛び予約ができる。

 しかし、あるとき壁にぶつかった。サイト経由で安い商品はよく売れるが、上質なツアーなどが売れない。柴田啓社長は「旅行の魅力を物語とともに親しみやすい言葉で伝え、需要を喚起することが必要だ」と考え、たびねすを始めた。

 検索・比較サイトは行く場所や時期が決まっている人には便利だが、「どこに行けばいいかわからない」「知らない旅先に行きたい」と考える消費者はあまり来ない。「幅広い視点の記事を載せることで悩みを解決できる」(柴田社長)

 たびねすのようなコンテンツを備えた旅行サイトはありそうであまりない。次々に登場する競合サイトも、一朝一夕にはまねしにくい。

 「本当は教えたくない絶景」――。2016年3月には無料対話アプリ「LINE」で旅行情報を毎日配信するサービスも始めた。利用登録者は40万人以上に増えた。

 トラベルjpを中心に運営サイトの訪問数は増加傾向で、最近は1カ月あたり1300万前後に達する。影響力に目をつけた自治体や海外航空会社と組み、ナビゲーターが商品を体験取材する記事も配信している。「ナビゲーターがテレビの旅番組から助言や出演を求められる場面も増えてきた」(柴田社長)

 商品検索では住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」仲介サイトの米エアビーアンドビーとも提携済み。エアビーに登録されている民泊もホテルなどとともに検索や比較できるのも強みだ。今後は体験プログラムも検索できるようにする考えだ。

 日本人の節約志向は根強い。JTBの調査によると、16年の旅行総消費額は14兆3800億円だったようで、15年前の01年より1割以上減った。消費者をどう旅に向かわせるか。トラベルjpの独自記事と検索サービスは旅へと消費者の背中を押す役割を果たしている。(大林広樹)

[日経MJ2017年4月19日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

戦略ネットBizをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

戦略ネットBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パルステ!は最新の公演情報を見られるほか、ポイントもためやすい

パルコの演劇情報アプリ チケットレス、転売も防ぐ

 パルコがスマートフォン(スマホ)のアプリを通じて、自社公演する演劇のファンを取り込んでいる。演劇情報を盛り込んだアプリ「パルステ!」では公演をチェックするだけでポイントがたまり特典を得られるほか、チ…続き (9/23)

旅館向け融資をAIを使って短期間で審査する(写真は岐阜県下呂市の温泉街)

リクルート、旅館向け融資をAI審査 最短数日で

 リクルートホールディングスが宿泊施設向けの小口融資サービスに参入した。同社にとって金融事業は新しい分野だ。融資審査を人工知能(AI)に任せるなど、既存の金融機関にはない機動的な融資ができることが特徴…続き (9/16)

IDOMの中古車フリマサイト 厳格な査定で支持拡大

 中古車販売大手のIDOM(旧ガリバーインターナショナル)が手がける中古車のCtoC(個人間取引)仲介事業が軌道に乗りそうだ。ネットの個人間取引を巡っては、フリマアプリ「メルカリ」などで普及してきた衣…続き (9/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト