/

北朝鮮 ミサイル発射失敗 直後に爆発

【ソウル=山田健一、ワシントン=永沢毅】米韓両軍によると、北朝鮮は16日午前、東部の新浦(シンポ)付近から弾道ミサイル1発を発射した。直後に爆発したとみられ、発射は失敗したもようだ。朝鮮半島近海への原子力空母派遣など米国が警戒を強めるなか、ペンス米副大統領が韓国を訪問する直前のタイミングで挑発を強行した。米朝間の緊張が一段と高まる恐れがある。

韓国軍合同参謀本部と米国防総省によると、北朝鮮は16日午前6時21分ごろ、東部の咸鏡南道・新浦付近からミサイルを発射した。韓国軍がミサイルの種類など詳細な分析を進めている。ロイター通信は、米ホワイトハウス高官が「北朝鮮が発射した弾道ミサイルは中距離」と語ったと伝えた。日本政府は16日、「国連安全保障理事会の決議等への明白な違反だ」と外交ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。

ペンス米副大統領は韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相と会談するため、16日午後に韓国入りした。聯合ニュースによると「米韓同盟は歴史上かつてないほど強い」と訪問先の在韓米軍基地で語った。北朝鮮による前回のミサイル発射は北朝鮮問題が主要議題となった米中首脳会談を控えた今月5日。今回のミサイル発射も米韓協議をけん制する狙いがあるとみられる。

韓国政府は16日午前、担当閣僚らで構成する国家安全保障会議(NSC)を開催した。同国外務省は同日、「核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した場合は、北朝鮮が耐えられないような強い報復措置を取る」とする報道官の談話を発表した。

マティス米国防長官は15日(米国時間)、「トランプ大統領は北朝鮮のミサイル発射を把握している」との声明を発表した。トランプ氏は米フロリダ州の別荘で報告を受けたようだ。

北朝鮮では国威発揚を目指す行事が続く。故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年にあたる15日には軍事パレードを実施し、ICBMの可能性がある新型ミサイルを公開した。

韓国の聯合ニュースは「朝鮮人民軍創建85年にあたる25日前後に追加の挑発にでる可能性がある」と報じた。核実験の実施を予測する分析もある。トランプ米大統領は空母「カール・ビンソン」を朝鮮半島近海に向かわせた。緊張が高まれば、軍事衝突など不測の事態を招く可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン