2000億円投じ98億円で売却 トクヤマ、夢の代償

2017/4/11 2:00
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

経営再建中の化学メーカー、トクヤマが巨額損失の原因となった「負の遺産」の処理をようやく完了する。年間売上高の3分の2に及ぶ2000億円超を投じたマレーシアの工場を今春にも、韓国の太陽電池大手にわずか98億円で売却する。社運をかけたプロジェクトの失敗は度重なる判断ミスが招いた人災の側面が大きい。トクヤマが撤退を決断できなかったのはなぜか。

ボルネオ島北西部のビンツルから北東へ約1時間。赤茶けた大地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]