先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

集中力の持続「たった8秒」 スクリーン中毒の実態
瀧口 範子(フリーランス・ジャーナリスト)

2017/4/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

 夜遅く仕事をしていて、企業に問い合わせのメールを送ることがある。明朝の始業時間後にでも返事が来ると予想していると、驚いたことに時たま即座に返信がある。「こんな深夜に会社のメールを見ているこの人、大丈夫だろうか」。自分のことを棚に上げながらも、終日パソコンに向かっている企業人は多いと実感する。

過度なネット依存から脱却する知恵も増えた
画像の拡大

過度なネット依存から脱却する知恵も増えた

 あるテクノロジー・スタートアップ企業の最高経営責任者(CEO)に聞いた際、直属の部下からはメールの返信がすぐに来ることを期待している、と語っていた。どんな時間でもだ。「ワーク・ライフ・バランス」の一方で、企業人、特に経営の中枢の人々にとっては、そんなことは無関係なのだろうと思われた。

 仕事でなくても米国人はいつもインターネットに向かっている。インターネット中毒への警告は米国では15年以上も前から発せられてきたが、いっこうに解決しない。

 スマートフォン(スマホ)中毒もある。さらにソーシャル・ネットワークやゲーム、ショッピング、ストリーミング映画なども全部まとめて「スクリーン中毒」と呼ばれている。そのスクリーン中毒のせいで人々の「アテンション・スパン」もどんどん短縮している。アテンション・スパンとは、ひとつのことに集中している時間のことだ。

 15年発表のマイクロソフト調査によると、00年から十数年で平均アテンション・スパンは12秒から8秒に縮まったそうだ。金魚の9秒よりも短い。水槽の中で落ち着きなく泳ぎ回る金魚より、人間はひどいことになる。

 中毒を克服するにはどうすればいいのだろうか。いろいろな知恵が共有されている。

 まず、「自覚」を促そうというものがある。衝動的にスマホに手を伸ばす時はどんな気持ちなのか(寂しいなど)を理解し、現実世界での人とのやりとりを思い起こし、毎週一定の時間に友人たちに会い、自分の根底にある弱み(ストレスや怒りなど)に対処しようという内容だ。

 この「自覚」はちょっと高度だが、ともかく寝る際にベッドの傍にスマホやタブレットを持っていくな、というのはよくあるアドバイスだ。スクリーンの光が寝入りに障害となるばかりでなく、寝る前や起きた直後につい手に取って、そこから何時間も使い続けてしまうかもしれないからだ。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

 自己コントロールに関するものでは、1日の中でパソコンやスマホを使う時間を決める、エクササイズや食事中などは電源を切る、スクリーンをチェックするのは15分や30分おきにする、情報を逃しても気にしないようにする、などがある。

 もう少し積極的になると、ソーシャル・ネットワークのアプリを削除する、同じくスクリーン中毒の仲間と集い、食事中などにスマホをテーブルの上に置いて誰も手を出さないようにする、といった工夫もお勧めだ。

 健康的なことに時間を費やそうというアドバイスもたくさんある。エクササイズをする、散歩に行く、マラソンする、瞑想するなどだ。せめて、というタイプには、どこかに歩く間はスマホをポケットに入れたままにしようとか、電車に乗っている間はスマホばかりか本など、気を散らすものを手にしないようにしようというものがある。

 アドバイスが効かないほど重症になった場合は、セラピーやリハビリを受ける必要がある。すでにスクリーン中毒の人々のための施設がいろいろあり、もうひとつの業界ができているらしい。

 アルコールやギャンブルとはちがって、スクリーン中毒はまだ医学的に正式に定義されていない。だが、ネットやスマホを前に落ち着きをなくしたわれわれの様子は、放っておくとけっこう悪化しそうである。

[日経MJ2017年4月9日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シーテック会場での実演。マンガ本の雰囲気を再現する

「北斗の拳」専用の電子書籍端末 紙の使い勝手再現

 紙の本を置き換えると言われながらもイマイチ伸び悩む電子書籍市場。そこに逆転の発想で風穴を開けようという製品が出てきた。「全巻一冊 北斗の拳」。単行本サイズの専用電子書籍端末に名作マンガ「北斗の拳」の…続き (10/19)

動画視聴の状況を分析したブライトコーブの画面

アップルやスタバに学ぶ 安価で緻密なネット顧客調査

 先日のことだ。発売されたばかりの「アップルウオッチ3」を購入した。音楽データを時計に反映する方法が分からなかったので検索。公式サイトの指示通りにすると、問題が解決した。すると画面にアンケートが登場し…続き (10/12)

iPhoneXが話題を呼んでいる=AP

AP

新iPhone、注目すべきはAR アプリ開発者に可能性

 すでに全世界で12億台を出荷したとされるアップルのスマートフォン(スマホ)の新製品が発売される。従来機種の改良版「iPhone 8」は先ごろ発売ずみだ。さらに、誕生10年目を意識し、「進化」を打ち出…続き (10/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

10/24 1:00更新 テクノロジー 記事ランキング

TechIn ピックアップ

10月24日(火)

  • トラック輸送を巡る「人間vsロボット」の闘いが始まった─米上院の自律走行法案が火付け役に
  • テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
  • コーヒーも目覚ましもAIで進化 欧州発の家電 日本に来たら話題になりそうなスマート家電を紹介

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月24日付

2017年10月24日付

・フィットビット、日本で企業向け開拓 まず三菱自健保向け健康管理
・星明かりでも高感度撮影 キヤノン、ネット対応カメラ
・ゴム、輪状化合物で強く 東工大
・日本ガイシ、低レベル放射性廃棄物の重さ50分の1に
・世界のEV普及、2025年から加速…続き

[PR]

関連媒体サイト