/

この記事は会員限定です

パット 軸を意識し腹筋で打つ

崎山武志(14)

[有料会員限定]

パターはずいぶん前から33.5インチのピン型を使っている。握りはオーソドックスな逆オーバーラッピング。脚は肩幅ぐらいで重心配分は左右は半々で、普通のアイアンショットと同様につま先寄りに重心をかけている。

肩と肘で五角形を作って構える、という指導法があるが、僕には全く合わなかった。肘を張る分、上半身が力んでしまうのだ。頭からみぞおちのあたりまでを貫く一本の軸を感じつつ「腹筋でボールを打つ」のが僕のス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン