/

この記事は会員限定です

AI開発にも倫理を、実現するか「人道知能」

[有料会員限定]

人工知能(AI)は判断過程がわかりにくいと言われ、企業が使いこなす上での課題となっている。世界の研究者たちは、AIをより使いやすいものへ変えようと議論を始めた。一方で企業は、人間の得意なこととバランスを取りながら、競争力を高め始めている。

判断不透明、差別疑う現場

シンガポールは人口が過密で、交通の役割がとても大きい。交通サービス大手、SMRTの使命はいつもと変わりない安全運行だ。そのために2016年秋、バス事業にNECのAIを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン