春秋

2017/3/25 2:30
保存
共有
印刷
その他

「例の案件、こっちの関連だから」と先輩が親指なぞ立てて目配せする。「わかってます」と後輩。正式な指示でも機関決定でもないが、なぜか最優先事項となる。「聞いてないですよ」と反論しようものなら、KY(空気読めない)とレッテル貼りされるのが落ちか。

▼日本中、どの職場でもありそうな、上役やら得意先の意向の「忖度(そんたく)」である。言葉の意味自体「他人の心中をおしはかること」(広辞苑)とニュートラルだ。しかし、実際に使われる時は「力を持つ上の者の気持ちを先取りし、機嫌を損ねぬよう処置すること」といったニュアンスになろうか。書いていて嫌な汗がにじむ。

▼「神風が吹いたと思った」。森友学園をめぐる国会の証人喚問の場で、籠池泰典理事長はこんな表現をした。小学校の設立に当て込んだ国有地が、ゴミを理由に大幅に値引きされて払い下げられた一件についてだ。首相夫人と学園の関係や国会議員による「言葉がけ」が、財務省や出先の判断に影響を及ぼしてはいないか。

▼「重層的な忖度メカニズム」。今回、こんなものが働いたかと疑われる。理事長は首相と信条の近さを強調し、夫人付の職員名で問い合わせもあった。公開文書では確かに「ゼロ回答」だが、連絡すること自体、役所へのボディーブローだったかもしれない。究明に必要な交渉の記録は廃棄された。忖度なら度が過ぎよう。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]