保護主義台頭、WTO復活の時 インド政府首席経済顧問 アルビンド・スブラマニアン氏

2017/3/24 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界貿易機関(WTO)は長期的な衰退が続いてきた。かつては世界有数の多国間貿易機関だったが、近年はその地位が低下している。英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ米大統領の選出などグローバル化に逆行する最近の出来事もそうした傾向を示唆しているようにみえる。しかし、こうした出来事は、正反対の結果をもたらすかもしれない。WTOとそれが具現化する多国間主義の復活を可能にする3つの動きを指摘したい。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]