Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本の温暖化対策、「省エネ」一本やりの限界
日本総合研究所理事 足達英一郎

2017/3/27 6:30
共有
保存
印刷
その他

 先週は地球温暖化問題を巡る重要な発表が内外で相次いだ。国際エネルギー機関(IEA)は17日、2016年の世界の二酸化炭素(CO2)排出量が32.1ギガ(ギガは10億)トンにとどまったとする推計を公表した。

画像の拡大

 世界経済が3.1%成長したにもかかわらず、3年連続で排出量はほぼフラットな状況となっており、これは、(1)再生可能エネルギーの普及(2)石炭から天然ガスへの転換(3)省エネルギーの進展(4)産業構造の変化――という4つの要因が作用していると指摘している。

 この前日、トランプ米大統領は18会計年度(17年10月~18年9月)の連邦予算案概要を議会に示した。連邦環境保護庁予算の約31%という大幅削減が目玉で、これを議会が承認すれば、50以上ある地球温暖化対策事業の撤廃と、職員の5人に1人の割合に相当するおよそ3200人の人員削減が見込まれるという。

 オバマ政権下の08~15年で、米国は10%を超える経済成長を達成する一方、エネルギー起源のCO2排出量を9.5%減らした。こうした実績を等閑に付す米国の政策転換が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 翻って日本では、16日に中央環境審議会地球環境部会長期低炭素ビジョン小委員会で、長期低炭素ビジョンがまとめられた。これは温暖化ガスの長期的な対策を、20年までに提出することをパリ協定等が求めていることに応じたものだ。

 日本が50年に80%削減を掲げる長期目標の堅持を前提に、低炭素投資促進とイノベーションで、国内での大幅削減を進めるという意欲的な内容になった。累積排出量やカーボンバジェット(残余排出可能量)の観点に言及し、カーボンプライシング(炭素の価格付け)を主要施策の方向性に据えた。

 一方、経済産業省に設置された長期地球温暖化対策プラットフォーム「国内投資拡大タスクフォース」は、17日に最終整理(案)を公表した。その中で、将来の様々な不確実性を考慮する戦略が必要であり、各国の長期戦略も具体的な政策決定ではなく「ビジョン」を示したものにすぎないとした。そのうえで、国内の排出源別という閉じた対策だけでなく、海外や、上流から下流、大企業から中小企業まで、製品ライフサイクル全体を通じた「グローバル・バリューチェーン(価値の連鎖)での削減の視点」こそが重要であることを強調した。

 鉄鋼、化学、電機・電子、自動車、都市ガス、電力、製紙の7業種について、グローバル・バリューチェーンでの取り組みによる潜在的な削減貢献量を積み上げると、30年度では日本の排出量の2倍程度になるとの試算も明らかにしている。さらに、直ちにカーボンプライシングを導入する地合いにはないとの判断も盛り込んだ。

 今後、わが国の長期戦略の最終決定は政治に委ねられることになろうが、現在の立ち位置についての認識を共有しておくことは有効だろう。

 かつて、わが国にはCO2排出の優等生という自負があったかもしれない。しかし、国内総生産(GDP)当たりの温暖化ガス排出量について、経済協力開発機構(OECD)内での日本の順位は、1995年に2位だったものが14年には18位に後退しているのである。これは、排出量を増加させずに付加価値を増加させることのできる経済構造を構築することに、他国が先んじて成果を上げたことを意味している。

 冒頭のIEAが指摘する4つの要因にしたがえば、日本は「省エネルギーの進展」の一本足だけで対策を講じてきた結末だといえる。今後、特に「産業構造の変化」を地球温暖化緩和の観点から主導できるかが、国際的な焦点になろう。

 米国の政策転換に追随する国と見られることの是非を含め、成長戦略と組み合わせた視点での判断が不可欠である。

[日経産業新聞2017年3月23日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Eの新話(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原子力機構のHTTRは福島原発事故後、研究が中断している(同機構提供)

日本原子力研究開発機構提供

次世代原発「高温ガス炉」開発再始動へ 東欧と協力

 いまの原子力発電の主流である軽水炉より安全性が高いとされる次世代原子炉「高温ガス炉」の開発が再始動する。政府がインフラ輸出をにらみ、ポーランドとの共同研究が動き出すからだ。東京電力福島第1原発事故後…続き (10/16)

省エネモーター向けレアアース 国際リサイクルに商機

 省エネは二酸化炭素(CO2)削減の一丁目一番地だ。大量にエネルギーを消費する電力や鉄、セメント、化学などの装置産業、さらには家電やオフィスのCO2削減市場の拡大に目がいくが、それを支える部品や素材に…続き (10/9)

東京電力富津火力発電所に接岸するLNG船(千葉県富津市)

世界で普及進む天然ガス車 日本も政策で後押しを

 フランス、イギリス政府が7月、2040年までに国内のガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。9月には中国工業情報省次官が「化石燃料車の生産・販売の禁止時期に関連する調査を始めた」と語…続き (10/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月22日(日)

  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?
  • プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月23日付

2017年10月23日付

・ウェザーマップ、PM2.5や紅葉も観測、ひまわり8号画像を4倍に解析
・ソースネクスト、語学ビジネスを拡大 小型の通訳機器発売
・名大、未成長iPS簡単排除 高濃度アミノ酸培地で
・店長の快眠お助け ニューロスペースが吉野家と実験
・リケン、高周波ノイズをシートで抑制 車載電子機器向け…続き

[PR]

関連媒体サイト