奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

宅配危機、近所の助け合いと技術の融合が鍵 (藤元健太郎)

(1/2ページ)
2017/3/19 6:30
共有
保存
印刷
その他

 昨年末から、インターネット通販の拡大などによる宅配の急激な増加に伴う問題が噴出している。物流量の増加に配達員の確保が追いつかない、人件費の高騰などによるコスト増、遅配の発生……。様々な問題に対して大手のヤマト運輸が値上げやサービス内容の見直しなどを打ち出し、注目された。

駅構内などへの宅配ロッカー整備は宅配危機の1つの解決策にすぎない
画像の拡大

駅構内などへの宅配ロッカー整備は宅配危機の1つの解決策にすぎない

 ひとつの課題として注目されているのは再配達率が2割という効率の悪さだ。試算では7億個もの無駄な荷物を配送しているわけで、これを減らせるだけでも大きなインパクトになる。

 まず進められているのが宅配ロッカー。政府も設置に補助金を出す制度を始めると報道されている。確かにひとつの解決策ではあるが、まだまだ貢献できる方策はたくさんある。

 例えば「スマートロック」というスマートフォン(スマホ)で開閉できる鍵の普及だ。宅配業者との信頼関係が必要だが、配送時だけ有効な鍵を配送員のスマホアプリに送ることで、不在時でもドアを開けて玄関に荷物を置けるようになる。

 荷物の到着もアプリでリアルタイムにわかる。あわせて玄関にカメラを設置することが当たり前になれば、不正の心配も無い。宅配ロッカーを置くスペースの無い家なども鍵を換えるだけでよくなる。

 「ウケトル」という宅配用アプリも登場している。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便と連携し、アマゾン・ドット・コムや楽天市場、三越伊勢丹などで購入した商品の配送情報がリアルタイムで把握できる。冷凍品などは宅配ロッカーが3温度帯に対応しないと厳しいので、やはり受け取りを確実にしていくことが大事になる。

 「すでにウケトル導入前と後で、再配達が1割減るという効果が出ている。現在ユーザーはまだ10万人だが1000万ユーザーを目指し公益企業になりたい」とウケトル(東京・渋谷)の角井亮一社長は語る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本に比べると返品のハードルは低い

顧客招く「返品ウエルカム」 購入機会を増やす

 米国でインターネット通販を利用しているなかで、日本に住んでいた頃より明らかに返品の頻度が上がっている。想定していたものと異なる商品が届くなど、店側に原因があることもあるが、自分自身がかなり柔軟に返品…続き (10/22)

アマゾンエコーなどの音声AIはシニアのネットショッピングに役立つか

80歳母のアマゾン初体験で見えてきたこと

 先日実家に行くと、母がニヤニヤしながらクッキーを持ってきた。「那須トラピストガレット」という、父が出張でよく買って来た思い出の洋菓子だ。「どうしたの?」と母に尋ねると、「アマゾンで買った」とドヤ顔を…続き (10/15)

人手不足が促す「店舗無人化」 スマホ決済、新業態生む予感

 慢性的な人手不足が続く中で、小売業やサービス業の人件費は高騰している。都市部ではアルバイトの時給が1000円を超えることはもはや普通の状況だ。時給が高くても採用できない企業も増えて出店計画を達成でき…続き (10/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月23日(月)

  • テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月23日付

2017年10月23日付

・ウェザーマップ、PM2.5や紅葉も観測、ひまわり8号画像を4倍に解析
・ソースネクスト、語学ビジネスを拡大 小型の通訳機器発売
・名大、未成長iPS簡単排除 高濃度アミノ酸培地で
・店長の快眠お助け ニューロスペースが吉野家と実験
・リケン、高周波ノイズをシートで抑制 車載電子機器向け…続き

[PR]

関連媒体サイト