/

この記事は会員限定です

パイプラインが国を壊す 激震続くトランプ劇場(5)

[有料会員限定]

米北西部ノースダコタ州キャノンボール。2月27日、氷点下8度の厳寒の中、先住民スー族のレジーナ・ブレーブ(76)が4日ぶりに居留地スタンディングロックの丘に姿を現した。

同地はドナルド・トランプ(70)が大統領令で実質的に建設許可を下した原油輸送パイプラインの建設に反対する大規模デモの舞台になった地域だ。

活動を率いるブレーブはパイプラインが部族の神聖な土地を通ることに神経をとがらせる。州政府がブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン