Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米シェール輸入開始 LNG価格抑える取引力急務
編集委員 松尾博文

2017/3/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

 米国から、シェールガスでつくった液化天然ガス(LNG)の輸入が始まった。調達先の分散や取引条件の柔軟化など、LNG取引を変える起爆剤として期待を集めるが、悩ましい問題もある。いざ輸入を始めてみると価格が高かったのだ。

画像の拡大

 貿易統計によると、2017年1月の米国産LNGの輸入量は約21万トン。中部電力上越火力発電所(新潟県上越市)、東京電力ホールディングス(HD)富津火力発電所(千葉県富津市)、関西電力堺LNG基地(堺市)の3カ所にそれぞれ約7万トンが着いた。

 いずれも米シェニエール・エナジー社がルイジアナ州に持つLNG工場で生産された。エネルギー関係者が注目したのは、貿易統計で明らかになったこれらの価格だ。米国産は1月に日本に到着したLNGの平均より6~7割高かったのだ。

 日本が輸入する東南アジアやオーストラリア産LNGの価格は原油価格に連動する。これに対し、米国産LNGは米国のガス指標価格に応じて決まる。

 ここ数年の原油価格の低迷により東南アジアや豪州産のLNG価格は下がり、米国産の方が高いだろうとは見られてはいた。しかし、6~7割高という結果に「想像を上回る」(エネルギー関係者)との声があがった。

 日本が米国産LNGに目を向けたのはまず、その安さのはずだった。11年の福島第1原子力発電所の事故で全国の原発が止まり、火力発電で代替せざるをえなくなった。石油やLNGの輸入が急増し、日本は31年ぶりに貿易赤字に転落した。

 割安なシェールガスでつくるLNGを輸入すれば調達コストを下げられるはず――。電力・ガス会社や商社が米国でのLNG生産事業に競って投資した。政府も対日輸出を早期に認めるよう米政府に働きかけた。電気の値上げを申請した電力会社に、国の審査会合はシェールガス輸入による将来のコスト低減効果を織り込むよう求めた。

中部電力上越火力発電所に1月に到着した米国産LNGの輸送船
画像の拡大

中部電力上越火力発電所に1月に到着した米国産LNGの輸送船

 いざ輸入が始まると、コスト低減どころか、押し上げ要因になってしまったのは皮肉だ。この事態を招いた原因が原油の価格サイクルだとすれば、いずれ上昇に転じることもあるだろう。原油価格に縛られない価格決定方式や、自由に荷揚げ地を選べる米国産LNGの魅力は目前の価格だけでは否定されない。

 ただ、アジアのLNG市場は20年代前半まで供給過剰が続く見通しだ。「この価格ではアジアの需要家は当面、米国からの新規調達に二の足を踏む」(商社関係者)

 日本企業が出資する米国のLNG生産事業も、今年から来年にかけて相次いで立ち上がる。各社の引き取り量は年200万~400万トン。全量、日本に持ち込むのは大きなコスト増になる。

 アジア市場が吸収できないとすれば、別の販売先が必要だ。

 あるエネルギー大手が引き取る予定の米国産LNGの一部を欧州に持っていく計画を進めたところ、これを知った経済産業省が激怒し、幹部が社長との面会を拒絶したという。

 硬直的なことを言っている場合ではない。内外の企業と連携し、保有するLNGを柔軟に売買する。市場の流動化を促し、トレーディングの力を高める取り組みこそ急務だ。それが米国に築きつつあるLNG生産・調達の足場を生かす道になるはずだ。

[日経産業新聞2017年3月9日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Eの新話(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原子力機構のHTTRは福島原発事故後、研究が中断している(同機構提供)

日本原子力研究開発機構提供

次世代原発「高温ガス炉」開発再始動へ 東欧と協力

 いまの原子力発電の主流である軽水炉より安全性が高いとされる次世代原子炉「高温ガス炉」の開発が再始動する。政府がインフラ輸出をにらみ、ポーランドとの共同研究が動き出すからだ。東京電力福島第1原発事故後…続き (10/16)

省エネモーター向けレアアース 国際リサイクルに商機

 省エネは二酸化炭素(CO2)削減の一丁目一番地だ。大量にエネルギーを消費する電力や鉄、セメント、化学などの装置産業、さらには家電やオフィスのCO2削減市場の拡大に目がいくが、それを支える部品や素材に…続き (10/9)

東京電力富津火力発電所に接岸するLNG船(千葉県富津市)

世界で普及進む天然ガス車 日本も政策で後押しを

 フランス、イギリス政府が7月、2040年までに国内のガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。9月には中国工業情報省次官が「化石燃料車の生産・販売の禁止時期に関連する調査を始めた」と語…続き (10/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月17日(火)

  • 世界がトヨタを潰しにきた!VW、習近平「EVシフト」の狙い
  • 労働者を保護すると、ロボットの導入が加速し失業者が増加する
  • 新iPhoneのワイヤレス充電は、社会インフラを大きく変える可能性がある

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月17日付

2017年10月17日付

・VR機器部品、技術競う アルプス電気やロームなど
・LNG船、CO2さらに抑制 環境省、技術開発に補助金
・3Dプリンター、建設にも 大林組が橋の部材
・マツダ、車の骨格1割超軽く
・大島造船所、本社工場の拡張検討
…続き

[PR]

関連媒体サイト