/

この記事は会員限定です

新STARTって何だ 激震続くトランプ劇場(1)

ルポ迫真

[有料会員限定]

オーバルルームと呼ばれるホワイトハウスの執務室。米大統領ドナルド・トランプ(70)は常に左後方からの視線に守られて執務机に向かう。

視線の主は第7代大統領アンドリュー・ジャクソン(在任期間1829~37年)。バラク・オバマ(55)の時代には米人気画家ノーマン・ロックウェルによる「自由の女神」の絵が掛かっていた壁に、ジャクソンの肖像画を飾るよう命じたのは「7代目」に心酔するトランプ自身だ。

ジャクソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン