/

この記事は会員限定です

豊洲水質調査、数値悪化の9回目は異なる手順 業者が証言

[有料会員限定]

豊洲市場(東京・江東)の移転問題を議論する東京都議会の特別委員会は4日、市場の地下水モニタリング調査に当たった業者を参考人として招致した。証言などから、ベンゼンなど有害物質の数値が急激に悪化した9回目の調査では採水にかける時間が短く、1~8回目と異なっていたことが分かった。

昨年11~12月に行われた9回目の調査は湘南分析センター(横浜市)が実施。同社の担当者の証言によると、採水前にたまった井戸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン