小池都政

フォローする

銀座観光バス、晴海で待機 渋滞緩和へ実験

2017/3/1付
保存
共有
印刷
その他

国土交通省関東運輸局は東京・銀座で3月1日と5日に観光バスの増加による交通渋滞を緩和する実証実験を実施する。観光バスは銀座の乗降場に到着後、バスの利用客が買い物などを楽しんでいる間は晴海(中央区)の駐車場で待機し、利用客が再び乗車する直前に銀座に迎えに行く。銀座中心部の乗降場付近に観光バスが滞留するのを防ぐ。

今回の実験では銀座で4月に開業する商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のバス乗降場を利用する。乗降場を開設した中央区や、晴海で駐車場を運営するタイムズ24が協力する。現在、5日の実験に参加する業者を募集している。

実験で駐車する場合、乗降場や駐車場の利用料金は無料とする。銀座中心部の「中央通り」では、訪日外国人らの観光バス増加による交通渋滞が問題となっている。中央区はギンザ シックス建設に伴い、目抜き通りの中央通りの渋滞を緩和するため、交通量が比較的少ない「三原通り」に面した場所にバス乗降場を設けた。

小池都政をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ特集トップ