/

プレミアムフライデー 岩盤浴や食事、楽しむ人々も

月末の金曜日には仕事を午後3時に終えるよう促し、消費拡大を図る「プレミアムフライデー」が24日に始まり、特別企画を打ち出した東京都内のスポットでも利用客が目立った。早帰りできたのは大手企業の社員が多かったようだが、中小の一部でも早めに職場を出て楽しむ姿がみられた。

東京タワー(港区)は午後3時から大展望台を訪れた先着1千人にプレミアムフライデーにかけて駄菓子の「プレミアムうまい棒」を配布。5時45分にはすべてなくなった。温浴施設「豊島園庭の湯」(練馬区)は午後3~6時に岩盤浴や食事などが割引価格で楽しめるセットを販売=写真。担当者は「通常の平日より人出が多かった」と話す。

初日から多くの社員が街に繰り出したのは飲食サイトを運営するfavy(ファビー、東京・新宿)。月末金曜の午後3~6時に飲食店を訪れて交流サイト(SNS)で紹介すれば、会社が料金の一部を最大1千円負担すると決めたため。飲食店を盛り上げる狙いだ。

フレックスタイム制でコアタイムが午後3時までのソフト開発会社ミラクル・リナックス(同)でも社員同士で「夕方からボウリングに行こう」と話が出た。ただ大半の中小や自治体では「早帰りは無理」と普段通り働いていたようだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン