/

この記事は会員限定です

高齢者は75歳からとすべきか

[有料会員限定]

元気なお年寄りが増えている。日本老年医学会などはこんな分析を踏まえ、高齢者の定義を75歳以上に引き上げるよう提言した。社会で支える高齢者を65歳以上と位置づけてきた年金などの仕組みを見直す時代になったのか。同学会理事長の楽木宏実・大阪大学教授と、元厚生労働事務次官の辻哲夫・東京大学高齢社会総合研究機構特任教授に聞いた。

健康長寿、達成した成果 日本老年医学会理事長 楽木宏実氏

――高齢者の定義を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン