千葉の石油化学コンビナート、50歳の肉体改造

(1/2ページ)
2017/2/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本各地の海沿いに点在する石油化学コンビナート。巨大なタンクやプラントに象徴される石油化学産業の結合体はここ数年、内需の縮小や海外との競争で設備の統廃合を進めてきた。だが痩せるだけでは先細りだ。日本最大の千葉コンビナートが稼働して半世紀。「50歳の肉体改造」が始まった。

三井化学の市原工場(千葉県市原市)にほど近いサンネット物流の配送拠点。年季の入った倉庫の脇に2016年秋、真っ白なテントがお目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]